りこすたいる
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週読んだ本は
2006年 07月 26日 (水) 01:10 | 編集


通園施設にあった本を借りてきて読みました。
私にはとっても読みやすくてすてきな本でした。

「絵本が開く魔法の世界~12話の物語~
上山真知子 発行サンパティック・カフェ
≫ "先週読んだ本は" の続きを読む...
スポンサーサイト
やっぱりいい本…
2006年 03月 05日 (日) 00:55 | 編集

1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記
辛い闘病記なのかなって思って、実は読むのを躊躇していました。
今さらだけれども、ぢゅんさんの記事を読んでやっぱり読んでおきたいって
思って文庫本を買ってきました。

生きることってこんなに大変なことなんだって思ったし、
どう生きるかが大切なんだってことも・・・・
何度も泣いてしまったけど読み終わったときは、
とってもすがすがしいのです。

読むことができて本当によかった。
人気ブログランキングへ

またも24にハマる
2005年 10月 10日 (月) 11:27 | 編集
さんたんさんのブログで村上ファンドの社長が欽ちゃんに似てるって
記事読んで、私も最近気になっている人のことを
どうしてもココに書きなくなりました。

24シーズンⅣに出てるジャックの恋人役オードリーって

近藤典子に似てるw(゚□゚)w!!!あの収納の達人の・・・・。
今に突っ張り棒出すんじゃないかと、そわそわしてしまうヨー。


キム・レイヴァーという人らしい・・・。audreyこちら。





あれ!?こうしてみると、綺麗だなぁ、この人。
似てな・・・・い?んんん
ってどういう意味じゃ!?すごい失礼な私^_^; 毒舌炸裂


いつもシーズンⅣのレンタル開始日を心待ちにしているりこパパ。
連休中に今出ている最新作vol8まで見終えました。
私は出揃ってから見たい派なのに・・・・・・
パパさんはもうジャックの虜になってるからねぇぇ。
見ずにいられないらしい。だから、不本意ながら、私も見てます。
ドキドキ全快です・・・・・・!!!!
ちなみにパパの携帯の着信音はCTUの内線音になっているし・・・(-_-;)
「ぷぷ、ぷ ぷ ー」って音。
ってわかってくれますか?

人気ブログランキングへ
冬の運動会
2005年 09月 30日 (金) 11:10 | 編集

今年のお正月に、放送された3時間ドラマ・・・・・。
録画したままで、まだ見ていなかったのに、今頃気付く。
りこが、早く寝てくれたので、早速見ることにしました。

冬の運動会
冬の運動会

原作 /   向田邦子
脚本 /   田渕久美子 




昭和50年代、ホームコメディの旗手として脚光を浴びた頃、大人がじっくりと見ることのできるシリアスなドラマとして書き下ろした不朽の名作。(番組HPより)

以前、BSで放送されていた、向田邦子の昭和のころのドラマを見たときも、昔のドラマって面白い!!って思いました。この「冬の運動会」は、新しくドラマ化されたものだけど、内容がとってもよかった~それぞれの配役も、ばっちり。岡田准一の相手役がハセキョー?って思ったけど、年上の役どころだったし、「手に負えない」女性像としては、なかなか適役でした。「手に負えない」っていうのは・・・・おっと、ここでは、話さないでおこっと。見てのお楽しみです。わたし的には、『津田靴店』のおばちゃん役の柴田理恵と、愛人役の寺島しのぶが、特によかったなぁ。
DVDにもなっている模様です。見逃した方、レンタルやさんで見かけたらチャンス!!(笑) おすすめですよぉ~

東京タワーの影響かな(^_^;)へへ
家族がテーマなものに、強く心惹かれる、で、ございます。

人気blogランキングへ

東京タワー(2)
2005年 09月 28日 (水) 00:50 | 編集

「東京タワー ~オカンとボクと、ときどき、オトン~」
夜寝る前や、時間の合間に、少しづつ読んでやっと読み終わりました。
子育て中の読書はキビシイものありますねぇ(とほほ)
でも、文章を少しづつ噛みしめるように読んだつもりです。

作者と同世代の私。読みながらずっと自分の幼い頃からの育ってきた風景と重なるところがいっぱいあって、余計に心に響いてきました。

文は無駄な飾りが無く、すっきりとしていて、心情描写も情景も淡々と綴っています。オカンとボク オトン、そしてばあちゃんやともだち、おばちゃん皆、その一人一人が大事に丁寧に書かれています。ドーンというような感動じゃなくて、じわじわと波のように押し寄せてくるものがあります。
この本を読んで、このリリー・フランキーという人は、感受性豊かでさりげない気配りや押し付けがましくない優しさを見せる人なんじゃないかと・・・・、この人の写真すら、インタビュー記事すら読んでいない私が想像してしまいます。

本の真ん中あたりの一文ですが、泣けてきました。

「・・・オカンの人生は十八のボクから見ても、小さく見えてしまう。それは、ボクに自分の人生を切り分けてくれたからなのだ。」


自分の人生を切り分けてくれた人。
親ってそういうものなんだよなぁ・・・・。

scen




人気blogランキング

phot by
RainDrop*

わらべうたで子育て
2005年 09月 25日 (日) 14:57 | 編集

わ

わらべうた








以前の記事でもちょっとお話ししたけど、Sさんのお宅には天井まである大きな本棚があってそこに沢山の絵本と児童文学の本、それにSさんが興味のある分野の本が並んでいる。遊びに行くといつでも自由に見させてくれて、気軽に貸してくれる。
先日、そのSさんからオススメだよって言われて借りてきた本。

「わらべうた」で子育て 入門編  ※応用編もあり

「わらべうた」で教えていることは、らくに、楽しく生きられる知恵。おむつを替えるとき、あやすとき、しかるとき…子どもと暮らすあらゆる場面に登場するわらべうたを紹介。目からウロコの子育て談義。

著者・阿部 ヤヱ
1934年岩手県遠野市で生まれる。祖母や隣のおじいさん、おばあさんから「わらべうた」や昔話、伝承あそびを教えられて育つ。現在も遠野で暮らし、人間としての生き方、知恵が生きている「わらべうた」を次代に伝えたいと、伝承に努めている。また、昔話の語りべでもある(
Amazon.co.jpより抜粋)

反応が薄いりこの子育て。2歳頃までは特に、興味が少しでも湧くようならばって、おもちゃも沢山買ってみたり、脳への刺激になるのならってビデオも買ってきて見せたりもした。おもちゃもコレはいい!ってものもあったけど、大半は時期が早かったり、すぐ飽きるようなものばかり増えていった。
自分の子供の頃ってどうだったっけ・・・。おもちゃなんて、ほとんど買ってもらえない。でも、おじいちゃんの紙ひこうきにわくわくしたり、お母さんの手作りのお手玉が宝物だったり、わらべ歌を歌ったり、手あそびがとても楽しかった思い出。
この本を読むと、子育ての原点ってこういうことかなって思えてくる。


人気ブログランキングへ

ある特集について
2005年 09月 07日 (水) 19:17 | 編集

表紙りこすたいる にかけて、りさこすたいる について
 では・・・・・
     ありませーーん.・・・/(^◇^;)

このブログを読んでくださっている奥様はみなさんセレブでいらっしゃると思いますので、『VERY』という雑誌はもちろんご存知でいると思いますが。。
今日は何を言いたいかというと、(早く本題に入れというツッコミが聞こえてくるようです)この中の 記事について。です。

VERY 記事スーパーマザーの子育て日記」という連載があるんですが、この記事を見たさに時々『VERY』を買ってしまう私。

三つ子ちゃんのママの子育て日記なのですが、二人のお子さんは障害を抱えています。
24時間では足りないくらいの忙しい毎日だと思いますが、この野上さんという方は、家事の工夫やアイデアで主婦業をこなし、女性としても手を抜かない・・というポリシーを感じる日記を綴っています。
写真を見ても、綺麗で魅力的な女性という感じです。

確かにこの方のライフスタイルは、感心するばかりで、ちょっと、真似できないような・・・・まさにスーパーマザーでいらっしゃいますが(^_^;)

以前、秋雪君のドラマがありましたが、聖子ちゃんがママ役を演じて、主人公の男の子が、秋雪くんと同じダウン症の男の子が演じたことに意義のひとつがあったと思いました。

ドラマもとにかく視聴率もよくて注目を浴びたことのひとつは、「今まではなかったことだから」じゃないかな。こんなふうに自然なことを自然に伝える。できるだけリアルに。。『VERY』という雑誌も、やるじゃんって思った私です。


雑誌を見るのが大好きな私は、むかしからいろいろ買ってました。JJも買ってたし、BAILAとかも好きだったし、FRAUやCREAも。節操が無いですね。はは。
でも主婦となり、今、毎回買うのは たったひとつ。

ku:nel (クウネル) です。こちら↓
くうねる








え?私って  なちゅらるしこう?
しぜんは? むてんか? むく? じゅん? (だんだん違う意味になってる)

とにかく この本すき。 薄いくせに高い けどね(^_^;) 

ちなみに好きな特集は「お宅訪問」
(この記事を読むと   世の中にこんな慎ましやかな夫婦がいるんだと  欲にまみれた自分を反省する)
「エブリディ・マイ弁当。」
(この記事を読むと    世の中にこんなにマメでまじめに健康的なお弁当つくる人がいるんだと  食べたいもんだけ食べる自分を反省する)  

クウネルのほかにクロワッサンとか婦人公論もたまに買っちゃう けど(-_-;)
趣味趣向も年とともに変わってきたようです。
もすこしで、健康雑誌に手が伸びるかも(笑)

東京タワー
2005年 09月 01日 (木) 18:03 | 編集

東京タワー昨日トンさんの記事知った(ありがとうございます!)リリー・フランキーの「東京タワー オカンとボクと時々、オトン」早速買ってきちゃった!この本、私の好みの匂いがする・・。表紙も素晴しくかっこいいですね。
りこさんが昼寝したので、ベランダの椅子でちょっと読もうか・・としてたら、すぐ起きてしまった。あーん。よし、今日は早く寝せて、ビールでも飲みながら読もうっと。

パパも出張で今日から土曜までいないし。なんと奄美大島に行ったんですよ!ここからだと韓国よりもグアムよりも時間がかかるそうです!でも、いいな~奄美大島!名物、鶏飯(けいはん)というのを食べたいです。で、その次の日は福岡に行きでお客さんと中洲で飲むそうです。いいな~中洲。川沿いの屋台で一杯やりたい。。。
仕事とはいえ、うらやましすぎる~ 商談成立させて、「今度は妻同伴で来ます」なんてことにならないか・・・ならないよねー(-_-;)


追記>あとで読み返して、恥ずかしくなった\(_)
ほんとは「東京タワー」の本を読み始めた・・・という内容にしたかったのに、話は結局、、ビールを飲みながら読もう→鶏飯食べたい→中洲で飲みたいみたいな流れに。私の頭の中は、食べることと飲むことで多くを占められているのがバレバレだわ・・・。 でもほんと読むの楽しみ。私はリリーという人を知らなかった(><)ファン沢山いるみたいですね・・・。 まだりこは寝ていない。只今9時半・・・読んだら感想書いちゃいますよっ

人気ブログランキングへGo!

copyright (C) りこすたいる all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。