りこすたいる
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メガネ美人を目指そう
2005年 07月 28日 (木) 19:27 | 編集
残念なことにりこは視力も悪かった(T_T)

視力も・・っていうのは先週、聴力検査をして聴力も悪かったから。。
Wパンチ(T_T) 大丈夫かなと思ってたのでちょっとショック。

乳児は生まれたときは健常児も視力は0.05程度で
3歳くらいまでに少しずつ視力は発達していくらしい。
だけどダウン症児は、眼科的問題(眼瞼炎、結膜炎、遠視、近視などの屈折異常、
斜視、白内障など)をかかえることがとても多い。
問題が見つかれば、早期に発見して治療していくことになる。
りこも近眼で少し乱視もあるとのこと。

しかし、今の時代視力矯正の方法もいろいろあるのでは??
諦めがわるい私は、淡い期待をもってお医者さんに質問した。

「まだ小さいし・・・治療によってはこれから視力がよくなることも
あるのでしょうか」と聞いたら、
「これ以上よくなることはないでしょう。今の視力を維持していくためにも
眼鏡が必要になるでしょうね。今はかけるのは難しいと思うので、
就学前につくるとか・・・・。」

眼鏡けっていぃぃ!!

仕方ないよね、視力が0.1程度だったらしいけど、0.1ってほぼ私と一緒だ。
私はコンタクトだけど、はずすと全く見えない。

こんな世界の中にりこはいたのか・・・
ちょっと可愛そう(>_<)

だからテレビをつけると超接近で見ちゃうのかな~
気をつけなくちゃ。
チラシ見てます↓
見えてるよね?
tirasi

将来はメガネ美人を目指そうね(^o^)丿
スポンサーサイト
はじめに
2005年 07月 26日 (火) 14:28 | 編集
riko

娘はダウン症で、重度の心臓の合併症をもって生まれてきた。生後14日で受けた手術は、医者に覚悟はしていてくださいとは言われたほどだったが、娘は、生きる炎を消すことはなかった。

生後5ヶ月で、難治てんかんといわれている、WEST症候群を発症した。据わりかけた首もぐらぐらになり、せっかく笑ってくれた頃だったのに、表情がなくなった。薬の副作用から、生活リズムが崩れ、昼夜逆転の毎日を送っていた。しかし1年後、脳波は正常に近づき、だんだんと成長が見られるようになってきた。

また、娘は困難を自ら乗り越えようとしていた。弱い子供じゃなくて、この子は生きる力が強い子供なんだと思った。お腹にいるときから、頑張って、そして私達のもとにやってきたのだ。

娘を産んで世界が狭くなるんじゃないかと思ってたけど、娘を通して、今まで気付かなかったことを気付かされたり、見えなかったものが、見えてくるようになり、世界がぐーんと広がった。

(娘へ)
あなたはあなたの人生を、あなたらしく生きていってね。あなたにしか出来ないこと、あなたにしか伝えられないこといっぱいあると思うよ!
そして、これからも幸せな日々をともに歩んでいこうね!



今まで日記すら書いたことのない私ですが、お笑いから、ちょっと真面目な話しまでいろいろな内容で綴っていきたいと思ってます。
どうぞ、温かく見守ってください!よろしくお願いします。
<2005年10月13日 再記述>

copyright (C) りこすたいる all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。