りこすたいる
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別れの季節
2010年 03月 30日 (火) 22:58 | 編集
今日は学校で離任式がありました。

りこのクラスを担当してくれた先生とお別れしてきました。
真剣に一生懸命子どもと向き合ってくれた優しい先生。
とてもとてもさみしい思いです。

……

入学式から最初の1、2か月は私もいろいろと不安になってしまうことが
ありましたが、その先生は、子どもだけじゃなく私の気持ちも
受け止めてくれました。


そういえば、入学早々、遠足があったのですが、
1年生にしては、長い距離を市内中心部の公園まで歩くというものでした。

それまでそんな長い距離は歩いたこともなく、近所のスーパーに行くのも
途中で動かなくなり、抱っこしていたくらいでした。

だからりこの足では無理だろうと私も思い、先生に
「当日は私が付き添いますか?」と聞いたのですが、
先生は、「私が付き添いますので大丈夫です」と言い切ってくれて、
すごくうれしかったのを覚えています。

結局、りこはその先生と今まで歩いたこともない距離を
歩き切り、迎えに行った私に、先生は興奮気味に
「りこちゃん、すごく頑張りました!一人で歩き切りましたよ!」
と「立派でした」と報告してくれたのでした。


その後もりこはひとつひとつ先生と、何かを自分なりにやり切って
自信をつけていったのがよくわかりました。

そしてだんだんと、りこもクラスに慣れて、学校に慣れて、
毎日楽しんでいるようだと確信できました。
私も当初の不安やモヤモヤもだんだんと消されていきました。

……

「りこちゃんがいてくれて本当によかった、みんなに愛されているんですよ。
いろんなこと毎日頑張って…私のほうが元気づけられました。ありがとう!」
ってりこをギュッと抱きしめてくれました。

「もっと成長を見ていたかった、本当に残念です」って
そんな言葉を言ってもらえるなんてありがたいですね、本当に。


卒業するときは会いにいくと約束してきました。
口約束じゃない、本当にお互い心から、また会いましょうって手を振りました。

やっぱり人って心と心のつながりだなぁってしみじみ感じた今日でした。
スポンサーサイト
久々にみのじさん宅に行く
2010年 03月 19日 (金) 02:44 | 編集
先週本当に久しぶりぶりににみのじさん宅にお邪魔して、
「あらー!satoさーん!久しぶり~!」って
いつもの明るい笑顔で出迎えてくれました。
ずーっとご無沙汰&ご無礼をしたにもかかわらず、
温かく迎えてくれて、ありがたやー。

カメさんにも久しぶりに再会したし、うれしかったです~
アイちゃんもこの春小学校入学なんですね。月日がたつのは早い~

みのじさんはこのブログにもよく出現していた、
ワタシタチママの偉大な先輩です。
子育ても卒業したのに、今もなお、子育てに悩んだり笑ったり
一所懸命に頑張ってる若いママたちのよき相談相手になってくれています。

で、みのじさんのお手製カレーをいただきながら、
よい情報をGET~!

「来週、ダウン症協会の長谷川先生が来るんだけど、
話聞いてみたい人はどうぞ、いらっしゃい」

わー、すごーい、さすがみのじさん。人脈が幅広い。


そして、一昨日行ってきました。
お友達も誘って、長谷川先生のお話を聞くために。

長谷川知子先生は(JDS理事・臨床遺伝専門医)
これまでたくさんのダウン症をもった親や子どものカウンセリングをされています。

そのお話はとてもよかったです
今までこういう話をされるいわゆる、
病院の先生やその分野の先生には私は会ったことがありません。

考え方の土台はとてもポジティブ。それがとっても心地よかった。


普通の子育て。でも普通の子育てが一番むずかしい。
それは親の成長が欠かせないから。

感性を育てることの大切さ。

好きでやっていることを重んじる。

愛らしいからといって年齢以下の扱い・必要以上に手をかけていないか。

等々。


その内容はここで(私の文章力じゃ)簡単には書けませんが、
また後日特に心に残った部分をここでご紹介しようかなと思います。
その前にカメさんあたりが、上手にまとめられるかな(^_-)-☆
無題
2010年 03月 14日 (日) 15:16 | 編集
このブログの解析を久々で見たのですが
「ダウン症 ブログ」と検索していらしてる方が
多くてしかもこんな放置しっぱなしなのに
毎日アクセス数が沢山あって驚きました



私も以前そうであったように、ダウン症の子供を授かって
どんな子育てしてるのか、どんな生活を送っているのか知りたいと思う人が
多いのだと思います。

りこすたいるを見てどんな感想持ってくれたのかな。
療育とか情報を期待した方は少々がっかりされたかもしれません。
そんな情報は無なので

でも毎日おもしろおかしく過ごしていることは感じてもらえたことと思います。

穏やかで優しくて、涙もろくて、ユーモアたっぷりな
むすめがいてくれるおかげで、我が家はハッピーです。
正しく言えば、ハッピーだけじゃないことがあったとしても、
むすめの笑顔を見てハッピーになれるのです。
元気をもらえます。


世間が穏やかじゃない事件があふれていたりしても
この子たちは、いつも平和的で人として大事なところをしっかり
持っていて頑張っています。

教わることのほうが断然多い!のです。

この夫婦にはこの子が必要と思って神様がこの子を授けてくれたのなら
心から感謝!ですね。
copyright (C) りこすたいる all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。