りこすたいる
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同い年
2005年 09月 28日 (水) 22:16 | 編集

今日、りこを連れてばぁばと私と、近所に買い物に行ったときのこと。
レジで精算が終わって、買い物袋に詰めていると、可愛い女の子が
カートに乗っているりこのそばにやって来た。

女の子「なんていう名前なの?」と話しかけてきた。
私   「りこっていうんだよ」
と教えると、りこちゃん、りこちゃんって、いろいろ話しかけてくれる。でも、りこは下を向いたまま、もじもじ・・・。一所懸命話しかけられれば、話しかけられるほど、りこはどんどん下を向くばかり。あーぁ(ため息)恥ずかしがっているの?もしかして・・・。 女の子は不思議そうにりこの顔を覗き込む。

私   「お姉ちゃんのお名前はなんていうのかな?」と聞くと、
女の子「はい!○○○○といいます!」と急に背筋を伸ばしてちゃんと
フルネームで答える。しっかりしてるなぁ・・・。

女の子「あ!りこちゃん、舐めてる~!舌も出してるよぉ~!
    ほらぁ(+o+)!!」
りこは、買ったばかりの<トイレットペーパー12個入り>を、べろべろ舐めていた。舌は出ちゃうのよねん、私も引っ込めたいのはヤマヤマだけど^^;
女の子はなぜ私がこらっ!って怒らないのかまたまた不思議そうに、今度は私の顔を見る。

私   「そ、そ、そうだねぇ~、だめだねぇ(^。^;)」
女の子「(唐突に)この子、(←この子になっている)何歳?」
私   「え、えっと」と一瞬言葉に詰まると、横からばぁばが
ばぁば 「3歳だよ(^-^)きっぱりと答える。
女の子「・・・・(@_@;)え?そうなの?・・・私も3歳だ・・・よ・・・」
私   「じ、じゃぁ、一緒だね!/(^◇^;)」
女の子「・・・・(@_@;)・・・・・」

言葉に詰まる3歳児をはじめて見ました。
まだまだ修行が足りないりこハハです。
だって、明らかに3歳の女の子より
うろたえてましたから・・・・
でも!こうして話しかけられることは、本当に嬉しいのです(^-^)/
どんどん声をかけて欲しいなっ。そして・・・・・

私を鍛えてくださいっ! m(._.)m オネガイシマス
もっとまともなお話しが出来るようになりたいから(苦笑)
そして、経験を重ね、もっと鋭い質問も笑顔でかわせるような
ハハになりたいから(苦苦笑)
道のりは長い?かなぁ(弱気・・・)

riko


sato姉が買ってくれた
おもちゃのメガネを
じぃじにかけられて

笑ってま~す

 

人気ブログランキングへ

Comment
この記事へのコメント
りこちゃん恥ずかしがって下を向いてしまうなんて「かわいい」ですね。
言葉に詰まる3歳児「大人だわ」
わたしも鋭い質問をされると困ってしまいます。
「修行が足りないのかも」
眼鏡似合っているよ、りこちゃん!!
2005/ 09/ 28 (水) 23: 13: 30 | URL | maka # 79D/WHSg[ 編集 ]
眼鏡っ子リコチャン可愛い~♪
よくしゃべる女の子いますよね~。
あと、妙におませな子(^。^;;
わしもダイソーで買い物中にカートに乗っけてたほたる君(当時1歳2ヶ月ぐらいかな?)に、やはり3歳ぐらいの女の子がやって来て、
「どこから来たの~?」
「名前は~?」
と、話せないほたる君に話しかけてるのを微笑ましく見てました♪
最後に
「また明日もここで待ってるから。約束よ。」
ってΣ(|||´■`|||;;Σ)
デートっすか!?(笑)2日続けてダイソーはちょっと・・・(汗)
という経験しましたー
2005/ 09/ 29 (木) 00: 57: 38 | URL | 父ほたる # 79D/WHSg[ 編集 ]
satoさん、今晩は。
いつも楽しく読ませて頂いています(^^*)
・・・女の子はおしゃまでお喋りは一人前というような感じが結構あるように聞きますけれど、
「はい!○○○○といいます!」ナンテすごすぎる~^^;
先日6才となった我家のチビ坊主も つい最近まで、
何やら物思いにふけっているときや ボケーっとしているときによく、口の高さにあるものを無意識に舐めてたり^^ かじりついてたりしてましたョ(*^^ゞ
このごろよく感じるんだけれど、こどもたちと接するとき、
大人の意識でさらっとかわしちゃうよりも、こどもと同じように、なるべくならありのまま・感じたまま素直な感情を自然に伝えることの方がいいかなぁ~・・・と。
こころでふれあえたとき、とっても幸せな気持ちがします/(.^.)\
2005/ 09/ 29 (木) 00: 57: 49 | URL | dorapeko(=^・ェ・^=)ノ彡☆ # 79D/WHSg[ 編集 ]
satoさんの気持ちになり代わることはきっとできませんが、自分の場合であれば…小さい頃は障害がある友達に対しても自然と「○○ちゃんは皆とちがう」ではなく、「○○ちゃんは○○ちゃん」という気持ちで接する事ができてた様に思います。皆みたいに早く走れなくても、皆みたいに上手に喋れなくても。それを個性だと、自然にそんな風に認識できるのが子供だと思います。難しいことは分からなくっても子供って結構色んなことを考えて、理解しようとしてるもんなんだと思います。自分もそうでしたし…。友達が手術のためにお休みしていた間も、みんな「なんでかなぁ?」とひっそり心配していたものです。
本当のことを分かりやすい言葉で…自分の子供にもそうしていますが、結構それなりに理解してくれるものですよ!
2005/ 09/ 29 (木) 02: 04: 03 | URL | コダハハ # 79D/WHSg[ 編集 ]
…なんか、上のコメント言葉足らずです。
その友達がお休みしている理由を、先生はきちんと話してくれなかったんですよね…。なんで教えてくれなかったんでしょう?毎日一緒に遊んでいる友達のことなのに。まだ理解できないと思ったのでしょうか?易しい言葉で伝えてくれればきっと理解できたはずなのです!
…と。そんな感じです。。
う~~ん…文章下手でごめんなさい!!
2005/ 09/ 29 (木) 02: 10: 50 | URL | コダハハ # 79D/WHSg[ 編集 ]
>私を鍛えてくださいっ! m(._.)m オネガイシマス
この気持ちよくわかります!
りこママがんばって!
初めのころは、私もよくひるんだものでした。でも、彼がちっとも物怖じせず、他人に向かっていくので私も大分太くなったかな。これはでもお母さんのアンネが他人とのコンタクトをおこたらなかった為かもしれません。いっぱいお外で遊ばせましょう!ね!
2005/ 09/ 29 (木) 02: 15: 50 | URL | 浦島花子 # 79D/WHSg[ 編集 ]
いえ、この気持ち少しわかります、に変えさせて下さい。やっぱり、私はたまに会うだけのおばさんですから…
お母さん方の愛情や根気には絶対およびません。
2005/ 09/ 29 (木) 04: 40: 07 | URL | 浦島花子 # 79D/WHSg[ 編集 ]
おはようございます。
今日のりこちゃんphotoも、とってもカワイイですね!
りこちゃんの大きな笑顔を見ると、私までなぜか“ニカッ ^д^ ”と笑ってしまいます。
眼鏡がとってもお似合い・・・♪(^ ^
satoさんが「さらに鋭い質問にも笑顔でかわせる」ママになりますよう、お祈りしています!
2005/ 09/ 29 (木) 09: 14: 33 | URL | chika # 79D/WHSg[ 編集 ]
ちょっと内容は違うけど、昨日千雪はポリオの接種をしてきました。
そこでの出来事、問診をする医師が
「8ヶ月にしては小さいな」
「心臓が悪くて手術をしたので・・」
問診票を見て
「18トリソミー?」
「はい!モザイクです。」
「あーだから生きているのか。」←これ!!
「がんばっているんです。」
その後、先生は神妙な顔をしていましたが、
こんな時にムカツク私はやっぱりまだ
”修行が足りない”と思います。
ところで来週お兄ちゃんに、りこちゃんのこと
お話したんだけど、すごく楽しみにしてます∈^0^∋
2005/ 09/ 29 (木) 09: 42: 11 | URL | ちいママ # 79D/WHSg[ 編集 ]
自分の幼い頃を思い出しました。
私の母のお友達に障害を持ったお子さんがいました。母はそのお友達ととても仲が良くて(今でも!)私はよくそのお子さんと遊んでいました。今思い出すと結構、なんで○○ちゃんはこうしないの?とかすごい言ってたような気がします。もちろん理由はちゃんと教えてくれましたが、なんの抵抗もなく一緒に遊んでいました。大人よりもずっと子供は素直に受け入れられるのかもしれません。
satoさんならたくましいハハになれます!
ガンバレ~p(^^)q
2005/ 09/ 29 (木) 11: 26: 49 | URL | ジュン # 79D/WHSg[ 編集 ]
★makaさんへ
ありがとうございます。このくらいの年齢のお友達は周りのもいるんだけど・・もじもじりこさんと、はきはきとしゃべる女の子と余りにも、対照的で、三歳ってこんなに「大人」なんだなってびっくりしてしまいました。
そのほかも色々鋭いこと言われて困ったけど、がんばるぞー!
2005/ 09/ 29 (木) 15: 02: 50 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★父ほたるさんへ
楽しいエピソードを書いてくれてありがとうございます。こういうことって誰でもよくあることなんだなって父ほたるさんのコメントで気付かされました。何も特別なことでもないわけで・・・。
純粋にお友達だぁって思ってくれて、その女の子は話しかけてくれたんです。にこにこ顔がそう言ってました。でも、私は、変に気をまわし過ぎて、なんて言ったらいいんだろうとか、ぐるぐると頭で考えてしまっていたんですよね・・・。
ふつうに接することが大事なんですよね!
2005/ 09/ 29 (木) 15: 10: 57 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★dorapekoさんへ
そうなんですよぉ、、余りにおしゃまではきはきしたお子さんだったので、これで同じ3歳!?ってびっくりしてしましました。
そこらへんをぺろぺろ舐めるのは、赤ちゃんがそうするように、手のように舌を使いモノを確かめているわけで。焦らないようにしたいです。
反省いたしました。↓
>大人の意識でさらっとかわしちゃうよりも、こどもと同じように、なるべくならありのまま・感じたまま素直な感情を自然に伝えることの方がいいかなぁ~・・・
この言葉忘れないようにしよっと!
2005/ 09/ 29 (木) 16: 04: 10 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
そうだね。そういうこと、これからもっともっとあるだろうね。
その時、ばあばじゃなくて自分が一緒だったら、果たしてばあばのようにキッパリハッキリ言えただろうか・・・
私なんてその道の免許もあって、実習経験もあるのに、今の私には何の役にもたっていない気がして、すごく情けないと思った。
よ~し!これからは、リコにも認めてもらえるような、目指せ!”頼もしいオバチャン”だー!!
(うっ、オ、オバ・・やっぱ抵抗あるが・・)
この先いろんなことあるだろうけど、みんなで力を合わせてガンバローぜ!!
2005/ 09/ 29 (木) 18: 45: 26 | URL | sato姉 # 79D/WHSg[ 編集 ]
★コダハハさんへ
おっしゃる意味とってもよくわかりました。ありがとう♪迷ったりすることがあっても自分が子どもだった時を思い出すようにしています。有り難い事に最近のことはよく忘れるのに(汗)昔のことはよく思い出すことができます。コダハハさんのお話しと自分も小さい頃同じように思っていたなぁって。なんでかなぁって思ったことを素直に聞いてるんですよね。それもお友達のことだったら尚更気になると思うんです。その時大人が逃げたり隠したりしたら余計気になる。もしそのまま??のままで大きくなったら、そういうことは見ないフリをしよう・考えないようにしようみたいな人になるかもしれない・・・。困っている人や手助けが必要な時手を差し伸べてくれる大人になって欲しいと本当に思います。自分も含めて・・・。
ちゃんと話せば子どもなりに理解しようとしてくれるってことをいつも忘れないでいたいって思いました。
2005/ 09/ 29 (木) 21: 39: 31 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★浦島花子さんへ
いつもコメント楽しみに読ませてもらっています♪
落ち込んだわけじゃないけど、ちょっと考えてしまったわけで・・・。でも、この記事書いてよかった。浦島さんはじめ皆さんのコメント読んで、うんうんと頷いてます。
物怖じしない方だと思っていた娘が「もじもじくん」だったので今回ちょっとびっくり。きっとりこは同年代とわかったのかな?ハズカシかったのかはわからないけど、いろいろ感じ取っているのでしょうね。これも成長の証かな。
アンネさんは、仰るとおりに人とのコンタクトを怠らなかったんでしょうね!そして浦島さんも!彼は恵まれてますね♪私もいろいろ外に出て行って親子ともども経験していこうって思いました。
2005/ 09/ 29 (木) 22: 00: 59 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★chikaさんへ
どうもありがとうございます♪調子に乗ってこれからもいっぱい親バカン写真のせちゃいます。ふふ。
まだまだ道のりは長いですが図太く明るいかあさん目指してがんばろっと!
2005/ 09/ 29 (木) 22: 06: 50 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★ちいママさんへ
あー・・・ぁ、ポリオの時の先生の態度、私もすごいムカつきました!っていうか、怒りました。修行が足りないというどころじゃないです。その先生の首根っこ掴んでやりたい(過激ですいません)先生の前に、人として品性を疑います。
・・・・気を沈めて・・・・
来週お会いできるの私もとっても楽しみにしてます。いろいろお話できたらいいな!
2005/ 09/ 29 (木) 22: 17: 25 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★ジュンさんへ
そうですよね。子どもってこちらが思うよりよくわかってくれる。これって実は、それぞれの価値観がある大人に話すよりも易しいことかもしれませんね。
自分の小さかったときに私も置き換えて考えたいと思います。アタマじゃわかっていてもいざ場面に出くわすと自信が無くなる時があります。でもジュンさん他みなさんの意見を聞いて自信がわいてきた(スグしぼむ事もあるかもしれませんが)
たくましいハハ目指してがんばるど!ありがとう。
2005/ 09/ 29 (木) 22: 24: 38 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★sato姉へ
じゅうぶん支えてもらってるから大丈夫だよ。家族だから見守ってもらうだけで嬉しいことがいっぱいあるから。
この前のりこさん、相変わらずすごかったね~。たまに会ってもちゃんとこの人は特別だって思ってる。言葉に出来ない分、すごい態度で示していたよね。これからもそんなりこをヨロシクね♪
2005/ 09/ 29 (木) 22: 28: 49 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
こんばんは♪
未熟母が言うのもなんですが「もじもじくん」は成長の証ですよ。これから、りこちゃんドンドン色んな人達と接する機会が増えるんですね。satoさん、ぼちぼち頑張って下さいネ。
そろそろ私もベビーカーで買物や公園デビュー?ガンバッテみます。(実は病院以外ふたりでは外出してないのデシタ)
ところで、今日も「シナモン日記」をパラリと見ました。リリーさんって私よく知らないんだけど…。こういうの書いてられました。
「人に接することは面倒で疲れるけど、それでも人に会いたいと思ううちは仕方がない。会って楽しいだけの時間よりも、少し苦しいくらいの方が、人間、厚かましくならなくていいかもしれない。」
早く本が読みたくなりました。
2005/ 09/ 29 (木) 22: 59: 56 | URL | うじうじ母さん # 79D/WHSg[ 編集 ]
★うじうじ母さんへ
そうですよね。お互いそれぞれの新しい場所でぼちぼちとがんばりましょっ。うん。
りこのもじもじくんは成長の証ですよね。いろんなキモチとか育っているだろーな。もしかして、自分もお友達になりたいけど、自分に自信がないのかなって・・・実はそういうふうにりこを見て感じたんです。だからこそ、いろんなことを経験させてやらなきゃなって。。
それから「シナモン日記」の抜粋してくれたところ、すごく いいですね~~!!!
なんか迷いが吹っ飛ぶ感じで(笑)
この人の根っこにはあのオカンがいる。間違いなく「人としてちゃんとしている大人」だ・・・。
2005/ 09/ 30 (金) 00: 50: 25 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
胸が詰まってなかなかコメント浮かびません・・まさにそんなことがあります。うちの場合はもじもじどころかにこにこ。そしてにっこり笑って3歳だよと答える私。言ったすぐ側から打ちのめされてる。にっこり笑うはるやとそのことの差。いつもは決して比べてるつもりはないのに。笑ってるけどどうしようもない胸のうちのもやもや。私も強いハハになりたいです。<シナモン日記>も買いに行かなくちゃです・・
2005/ 09/ 30 (金) 19: 15: 58 | URL | けいこママ # 79D/WHSg[ 編集 ]
★けいこママさんへ
あ、あ、あ。けいこママさん。
私の気持ちと同じです・・・。言った側から打ちのめされることってあります。説明にならない心のもやもや。だから、自分の子がどうなって欲しいとか、ショックとかいうより、なんかざわざわする感じ。私は年上のダウン症の子どもを見ても同じような感覚が・・・。
お互い強いハハを目指しましょう。ってありふれた言葉しか思いつきません。ごめんなさい。
2005/ 10/ 01 (土) 01: 22: 40 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) りこすたいる all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。