りこすたいる
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京タワー(2)
2005年 09月 28日 (水) 00:50 | 編集

「東京タワー ~オカンとボクと、ときどき、オトン~」
夜寝る前や、時間の合間に、少しづつ読んでやっと読み終わりました。
子育て中の読書はキビシイものありますねぇ(とほほ)
でも、文章を少しづつ噛みしめるように読んだつもりです。

作者と同世代の私。読みながらずっと自分の幼い頃からの育ってきた風景と重なるところがいっぱいあって、余計に心に響いてきました。

文は無駄な飾りが無く、すっきりとしていて、心情描写も情景も淡々と綴っています。オカンとボク オトン、そしてばあちゃんやともだち、おばちゃん皆、その一人一人が大事に丁寧に書かれています。ドーンというような感動じゃなくて、じわじわと波のように押し寄せてくるものがあります。
この本を読んで、このリリー・フランキーという人は、感受性豊かでさりげない気配りや押し付けがましくない優しさを見せる人なんじゃないかと・・・・、この人の写真すら、インタビュー記事すら読んでいない私が想像してしまいます。

本の真ん中あたりの一文ですが、泣けてきました。

「・・・オカンの人生は十八のボクから見ても、小さく見えてしまう。それは、ボクに自分の人生を切り分けてくれたからなのだ。」


自分の人生を切り分けてくれた人。
親ってそういうものなんだよなぁ・・・・。

scen




人気blogランキング

phot by
RainDrop*

Comment
この記事へのコメント
>自分の人生を切り分けてくれた人。
将来自分の子供からそんな風に言われたいなぁ。
それにしても、satoさん 結構 読書家なんすね~
びっくりです(笑)
2005/ 09/ 28 (水) 01: 39: 34 | URL | 父ほたる # 79D/WHSg[ 編集 ]
>自分の人生を切り分けてくれた人。
↑を読んで、(これを読む前に)下の記事に入れたコメントを激しく反省・・・。ただただ、satoさんの言葉の選択にサクッとはまってしまっただけなんですが、気にさわるようでしたら削除してください。
2005/ 09/ 28 (水) 02: 36: 49 | URL | Mao # 79D/WHSg[ 編集 ]
>父ほたるさん
そういうふうに思ってもらったらいいですよねぇ・・・。
それから、登山家でもないし、読書家でもないです!時々読むくらいなんで(^_^)
2005/ 09/ 28 (水) 07: 55: 57 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
>Maoさん
激しく反省なんてしないでください!!全然、全くいったいどこも気に障るどころか、ウケてくれたら本望なんですから~~!!(声大)
ギャップある投稿でこっちこそすいませんしぇん。懲りずにおつき合いを(^O^)/
2005/ 09/ 28 (水) 08: 05: 52 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
satoさん読み終えましね~。私も最後の方はむせび泣きましたよぉ。ほんとにリリーさんの文にはしみじみするところが多々ありましたよね。
でも、ひとつ思うのはリリーさんは息子の立場からのハハを書いているので、これが娘からみるハハの存在だと少し変わってくるように思いました。
この頃年をとってきたせいか、涙もろいんです。ドラマの「世界の中心で愛を叫ぶ」の最後で号泣、「Dr.コトー」の漁師の息子が医師を目指して東京の学校へ単身行ってしまった時も号泣~。本で泣いたのは久しぶりでしたぁ。(話それちゃってすいません^^;)
2005/ 09/ 28 (水) 10: 23: 15 | URL | ジュン # 79D/WHSg[ 編集 ]
今から買いにいってきまっす!!
無性に読みたくなりました・・
2005/ 09/ 28 (水) 12: 10: 31 | URL | けいこママ # 79D/WHSg[ 編集 ]
そうですね!息子の立場と娘の立場からだと見方が違うと思う。娘だったらもっと生々しくオカンのオンナの部分も見えたりして。でもそれは共感できるってことでもあるわけで。興味深いですね。
私もオカンがなぜオトンと籍を抜かなかったのか、ここらへんのことを思うとせつないです。でも最後一緒に暮らした息子との日々は本当に幸せだったでしょうね。最高の親孝行したわけだし、読後は泣いたけど温かい気持ちになりました。
ダメだ・・このへんの話になると長くなってしまいます(苦笑)
☆私も涙もろくなりましたよ。劇団ひとりより早いかも、です(笑)
2005/ 09/ 28 (水) 16: 29: 12 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
>けいこママ
走れ~~けいこママ!!(^O^)/
無事にゲットできたでしょうか?(笑)
上のコメントでもありますが、息子さんがいらっしゃるので、ズンズンくると思いますよ!
この本の「オカン」本当に理想の「オカン」です。
2005/ 09/ 28 (水) 16: 33: 32 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
私も読んでみたくなりました。今日は買いに行けないので、「シナモン日記 リリー・フランキー」をチョコット見て、今週末ぜひ買いに行って読んでみま~す。
娘が寝ている間ボォ~と何もせず過ごしていたのですが、「読書の秋!」自分の時間を有効に使ってみます。
「食欲の秋!」は実践中!satoさ~ん、いつか我が家の焼肉を食べに来てネ♪大阪人なので「タコ焼き器」も本格的なのが、ありますよ。
2005/ 09/ 28 (水) 18: 35: 14 | URL | うじうじ母さん # 79D/WHSg[ 編集 ]
>うじうじ母さん
28日更新のシナモン日記の記事読んで、この本を出すまでに4年以上かかったことを初めて知りました。是非、週末から読んでみてくださいね!
食欲の秋 私は“加速中”です(笑)
大阪にお住まいなんですか!?いつかお邪魔しちゃって、ご馳走になりたいな!(すてきな夢)本場の家庭のたこ焼きも食べてみたいなっ!うう、なんかお腹がすいてきた・・・・(^_^;)
2005/ 09/ 28 (水) 23: 10: 59 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
実は私も買ってしまいました。
読み終えるまでにすご~く時間のかかりそうな
予感がするけど・・・
読まずには、いられなくなって(^_^)
2005/ 09/ 29 (木) 09: 45: 53 | URL | ちいママ # 79D/WHSg[ 編集 ]
東京タワーもう読まれたんですね!
はやいっ!
ずっと気になっていたんですが、
リリーフランキーって、
あのミラクルタイプに出てくる
リリーフランキーなんですよね。
この記事見て今、調べました(^_^;)
リリーさんってミラクルタイプの
人としか見てなかったので
東京タワーのリリーさんとは
別人だと思ってました(;_;)
2005/ 09/ 29 (木) 14: 48: 40 | URL | さんたん # 79D/WHSg[ 編集 ]
読まれましたか。
俺まだなんだけど、楽しみなんですよ。
読むのが・・・
2005/ 09/ 29 (木) 20: 42: 51 | URL | ひげすなふ # 79D/WHSg[ 編集 ]
★ちいママさんへ
買っちゃいましたね~笑)そうそう時間かかりそうな本ですよね。。
私の場合、一気に読んだかと思うと、何日か読まなかったりして、いつもどこまで読んだっけってなって戻ったりしながら
読み終えるまで、約一ヶ月をようしました(^_^;)
2005/ 09/ 29 (木) 22: 39: 18 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★さんたんさんへ
は、早くないですっ(笑笑)
だって一ヶ月かかりましたから。
ミラクルタイプって最近見てないので
わからなかったんですが、そうなんですかぁ~。
でてるんだぁ。
私の場合、この人を知ったのがこの本を読んでからだから、ええ(@o@;)こういう人なのぉ!?と思うんだろうなぁぁ
2005/ 09/ 29 (木) 22: 43: 40 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★ひげすなふさんへ
はい、無事読み終えました。
(ちょっと自慢気に・・・^^;)
ひげすなふさんらしい
“書評”をとても
楽しみにしております・・・!
2005/ 09/ 29 (木) 22: 46: 29 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
随分時間がかかりましたが、3日ほど前に読み終えました。
何かね、「産みの親より育ての親」って言葉に何かあるのかな?
って思っていたんですけど、オカンはオカンだったんだよね・・・
ここで書いちゃいますけど、今の私のちちは、育てのちちです。
母が私1才の時に離婚しまして、実のちちとは、20才の時に会ったんだけど
(一度だけ)6年ほど前に亡くなりました。
実のちちには、新しい家庭があり葬式には出席しませんでしたが、自宅にお線香をあげに行かせてもらいました。
現在のちちには、実の娘の様に大切に育ててもらいました。
言葉では言い尽くせないほどの感謝をしています。
私が初めて東京で一人暮らしをはじめたのが笹塚!そして郷里も福岡!
すごく親近感がわいてしまった~!
笹塚の描写が実にリアルでタイムスリップしていました。
オカンの様なオカンに私もなれるだろうか?
もちろん泣きましたよ。
2005/ 10/ 29 (土) 22: 16: 37 | URL | ちいママ # 79D/WHSg[ 編集 ]
私も少し前に読み終え、すっかりファンになって、
今日リリーさん作の絵本「おでんくん」も買っちゃいました。
 ☆ちいママさんへ☆
読み終え、お疲れ様でした。
私は、おばあちゃんの描写の頃から泣いてました。
皆でママンキーを目指しましょうね♪
2005/ 10/ 29 (土) 22: 48: 36 | URL | ウッキィ~母 # 79D/WHSg[ 編集 ]
★ちいママさんへ
お父さん、仙台にいるちいママさんと孫のことをいつも
心配してるんだろうな。親ってそういうものですよね。
家族は血が繋がっていることよりも、絆で繋がっていることが重要。
絆が結ばれていない家族なんて世の中いっぱいいますから。
なんて、私が語れることじゃないけど・・・。
誰でもタイムスリップして自分と重ね合わせて考えてしまう本ですよね。
「東京タワー」ってだから共感をよんで売れているのかな。。
2005/ 10/ 30 (日) 01: 57: 29 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
★ウッキ~母さんへ
ママンキーいいですねぇ!!ママンキーを名のる会でも立ち上げましょうか?(笑)
今日は本屋で、リリーフランキーのインタビュー記事立ち読みしてきました(*^^)v
「おでんくん」今度探してみます
2005/ 10/ 30 (日) 01: 58: 51 | URL | sato # 79D/WHSg[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~リリー・フランキー著 「東京タワー」を2日かけて読みました 結構前から注目していたのですがハードカバーの本は高いのと こういう本を読むときにはバーっと一気に読みたいので買えずにいましたが ...★ウッキ~
2005/10/06(木) 01:44:31 | K-one's blog
copyright (C) りこすたいる all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。