りこすたいる
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せんせい、おいで
2010年 04月 17日 (土) 01:15 | 編集
「せんせい、おいで」

とは、りこさん、今日学校で言った言葉です。


新学期が始まって1週間が終わりました。
新しく赴任してきた講師の先生に
今日、「せんせい、おいで」と隣に座ってという意味で
りこが話したそうです。
りこにしては珍しいいわゆる二語文。

お迎えに私が行ったときに、先生が報告してくれました
「なんか受け入れてもらえたって気がして嬉しくなりました!」と。

私も嬉しい。いつも小さな成長を見逃さず、
嬉しいとか感動しましたって報告してくれる先生がありがたくて。



正直なところ、毎日朝、一緒に登校することや、お迎えに行くことを、
結構大変だし、疲れてたり、用事がいっぱいある日とかは、
ううーーー面倒だなぁとか、朝もっと寝ていたいとか
思って憂鬱になることがあります。


でも、一緒に登下校するから、先生の報告が聞けたり、
同じ学校のお友達と話したりできるのですよね。

一昨日も、私とりこが下校しているとき、
同じ小学校のきっと6年生の女の子二人が駆け寄ってきてくれて、
「りこちゃーん、2年生なんだね~ 頑張ってね!」って
言ってくれました。



だから、一緒に登下校は大変だけど、面倒だけど…
悪くはありません。


ただ、寒い日はもう勘弁だわぁ~
起きるのがつらいもの(苦笑)

20100404203553.jpg
りこのピースはいつも3本指です

素朴なギモン
2010年 04月 12日 (月) 23:20 | 編集
この間、学童保育にお迎えに行ったときのこと、
りこはみんなとおやつを食べていた。


他のお友達は、おしゃべりしながら、楽しそうに食べている中、
りこはちゃんは自分の定位置…机のはじっこの方で
ちゃんと正座して静かに、クッキーだか煎餅だかをポロポロ少しこぼしながらも、
もくもくと食べていた。


ちゃんとやってるじゃん!って私はりこの様子を見ていた。
そのとき隣に座っていた女の子から、突然質問を受けた。

「ねぇ、りこちゃんて病気なの?」


えっと…えっと…

以前も学校で誰かに同じような質問をされて、
うまく答えられなくて、今度こそうまく答えようとしたけれども、
結局、「病気ではないのよ。みんなと同じだよ。」

って、歯切れ悪く答えることしかできなかった。

もちろん、その子はそんな答えにそっかーと納得する顔をしたわけでもなく、
たいして気にも留めている様子でもなく、
その場を離れてしまった。


小さい年齢の子の素朴なギモン。
りこのことに興味をもってくれる子は私にとってもありがたい存在。

なのに、私ときたら情けないやら…


うまく答えようとするからうまく答えられないのかな。


もし伝えられるこういうことを伝えたいのだけど…

 病気ではなくて、個性だってこと
 個性っていうのは
 みんな違うからいい

 何でもゆっくりだけどみんなと同じなんだよ
 ただ苦手なことや出来ないことがあるかもしれないから
 その時は応援してあげてね


そんなようなことで。


もし、一緒の場所で、同じ時間をもっと過ごしたのなら、
言葉で説明しなくても、そんなようなことはたぶん、
なんとなくわかってもらえると、思う。


大人がへんな説明で、色をつけてしまう前に、
子供が真っ白な心で感じてもらえるのがいちばんだけど。



なんかムズカシイなって、今でもこういう質問は
苦手です。
新学期のはじまり
2010年 04月 11日 (日) 15:09 | 編集
りこさん、無事に2年生です。

新担任の先生は、1昨年まで支援級の担任だった先生が、
研修から戻り、復活してくれました。

スペシャルニーズの子供の担任一筋のすごく熱心な先生です。
上の子供たちもみんな先生のことが大好きだし、
以前担任だったこともあり、とてもスムーズに新学期が始まりました。

さらにうれしいことに、新1年生が入学してくれたので、
めでたく(?)りこも上級生ということになりました。


1年生は、まず学校生活に慣れること
基本的な生活リズムを身につけること
挨拶をできるようになること
いろんな人と関わること
こうしたことを頑張ってきた1年だったと思います。

2年生はどんな目標をたてようか…

新担任の先生と今度ゆっくり話し合いの時間がありますが、
新学期初日に先生からお話しがあったことは、
「交流級の子供たちと一緒に活動する時間を設ける」とのことでした。

これまで1年間は、給食だけ、1年生のクラスで先生と一緒にりこが行って
食べるというものでした。

でもこれからは、音楽や図工かわかりませんが、同級生と一緒に
受ける時間が増えそうです。
よかった、よかった!

刺激や影響を沢山受けてまたいろんなことを吸収して
もらいたいなって思います。

頑張れ!りこ
ヨロシクお願いします、先生。
そしてお友達。

別れの季節
2010年 03月 30日 (火) 22:58 | 編集
今日は学校で離任式がありました。

りこのクラスを担当してくれた先生とお別れしてきました。
真剣に一生懸命子どもと向き合ってくれた優しい先生。
とてもとてもさみしい思いです。

……

入学式から最初の1、2か月は私もいろいろと不安になってしまうことが
ありましたが、その先生は、子どもだけじゃなく私の気持ちも
受け止めてくれました。


そういえば、入学早々、遠足があったのですが、
1年生にしては、長い距離を市内中心部の公園まで歩くというものでした。

それまでそんな長い距離は歩いたこともなく、近所のスーパーに行くのも
途中で動かなくなり、抱っこしていたくらいでした。

だからりこの足では無理だろうと私も思い、先生に
「当日は私が付き添いますか?」と聞いたのですが、
先生は、「私が付き添いますので大丈夫です」と言い切ってくれて、
すごくうれしかったのを覚えています。

結局、りこはその先生と今まで歩いたこともない距離を
歩き切り、迎えに行った私に、先生は興奮気味に
「りこちゃん、すごく頑張りました!一人で歩き切りましたよ!」
と「立派でした」と報告してくれたのでした。


その後もりこはひとつひとつ先生と、何かを自分なりにやり切って
自信をつけていったのがよくわかりました。

そしてだんだんと、りこもクラスに慣れて、学校に慣れて、
毎日楽しんでいるようだと確信できました。
私も当初の不安やモヤモヤもだんだんと消されていきました。

……

「りこちゃんがいてくれて本当によかった、みんなに愛されているんですよ。
いろんなこと毎日頑張って…私のほうが元気づけられました。ありがとう!」
ってりこをギュッと抱きしめてくれました。

「もっと成長を見ていたかった、本当に残念です」って
そんな言葉を言ってもらえるなんてありがたいですね、本当に。


卒業するときは会いにいくと約束してきました。
口約束じゃない、本当にお互い心から、また会いましょうって手を振りました。

やっぱり人って心と心のつながりだなぁってしみじみ感じた今日でした。
久々にみのじさん宅に行く
2010年 03月 19日 (金) 02:44 | 編集
先週本当に久しぶりぶりににみのじさん宅にお邪魔して、
「あらー!satoさーん!久しぶり~!」って
いつもの明るい笑顔で出迎えてくれました。
ずーっとご無沙汰&ご無礼をしたにもかかわらず、
温かく迎えてくれて、ありがたやー。

カメさんにも久しぶりに再会したし、うれしかったです~
アイちゃんもこの春小学校入学なんですね。月日がたつのは早い~

みのじさんはこのブログにもよく出現していた、
ワタシタチママの偉大な先輩です。
子育ても卒業したのに、今もなお、子育てに悩んだり笑ったり
一所懸命に頑張ってる若いママたちのよき相談相手になってくれています。

で、みのじさんのお手製カレーをいただきながら、
よい情報をGET~!

「来週、ダウン症協会の長谷川先生が来るんだけど、
話聞いてみたい人はどうぞ、いらっしゃい」

わー、すごーい、さすがみのじさん。人脈が幅広い。


そして、一昨日行ってきました。
お友達も誘って、長谷川先生のお話を聞くために。

長谷川知子先生は(JDS理事・臨床遺伝専門医)
これまでたくさんのダウン症をもった親や子どものカウンセリングをされています。

そのお話はとてもよかったです
今までこういう話をされるいわゆる、
病院の先生やその分野の先生には私は会ったことがありません。

考え方の土台はとてもポジティブ。それがとっても心地よかった。


普通の子育て。でも普通の子育てが一番むずかしい。
それは親の成長が欠かせないから。

感性を育てることの大切さ。

好きでやっていることを重んじる。

愛らしいからといって年齢以下の扱い・必要以上に手をかけていないか。

等々。


その内容はここで(私の文章力じゃ)簡単には書けませんが、
また後日特に心に残った部分をここでご紹介しようかなと思います。
その前にカメさんあたりが、上手にまとめられるかな(^_-)-☆
無題
2010年 03月 14日 (日) 15:16 | 編集
このブログの解析を久々で見たのですが
「ダウン症 ブログ」と検索していらしてる方が
多くてしかもこんな放置しっぱなしなのに
毎日アクセス数が沢山あって驚きました



私も以前そうであったように、ダウン症の子供を授かって
どんな子育てしてるのか、どんな生活を送っているのか知りたいと思う人が
多いのだと思います。

りこすたいるを見てどんな感想持ってくれたのかな。
療育とか情報を期待した方は少々がっかりされたかもしれません。
そんな情報は無なので

でも毎日おもしろおかしく過ごしていることは感じてもらえたことと思います。

穏やかで優しくて、涙もろくて、ユーモアたっぷりな
むすめがいてくれるおかげで、我が家はハッピーです。
正しく言えば、ハッピーだけじゃないことがあったとしても、
むすめの笑顔を見てハッピーになれるのです。
元気をもらえます。


世間が穏やかじゃない事件があふれていたりしても
この子たちは、いつも平和的で人として大事なところをしっかり
持っていて頑張っています。

教わることのほうが断然多い!のです。

この夫婦にはこの子が必要と思って神様がこの子を授けてくれたのなら
心から感謝!ですね。
このごろ
2009年 12月 15日 (火) 13:25 | 編集
[上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます]

という痛々しいコメントがついたまま、ブログを放置してしまいました。

また急に更新してみます!


りこの最近の様子などを、まず。
青森の旅の巻
2009年 07月 16日 (木) 00:56 | 編集
先月は、りこと私の誕生日月でもあり、どこか家族旅行に行きたくてたまりませんでした。
しかも行きたい場所が、はっきりしていて、、山、そう、山に行きたかったのです。
海ではだめです。とにかく山です!(笑)
登山したいわけではありません(そんな体力はナシ)
新緑を見たい、滝や渓流を見たい、そして深呼吸したい・・・っていう願望です。
それにこんなこと書くと、すごい都会に住んでいて、ストレスフルな生活を送っている人
みたいですが、、東北のちょっと車で走れば”なんぼでも”自然はあるところに住んでおります。

とにかく!山方面で行きたい所で思い浮かぶのは白神山地!
以前からすごく行ってみたいって思ってたところ。
それがうまい具合に・・・

先月末の金曜の夜パパが急に仕事で青森に行かなくてはいけなくなったのですが、
仕事はすぐ終わり、あとはフリーになるとのことで、りこと私着いていくことにしました!

ワタシ「岩木山見たり、奥入瀬行ったり、あと絶対白神山地に行きたいんだけど・・・」
パパ「まぁ、どこでもいいけど」
え、どこでもいいの?・・・私の眼はキラって光ったことでしょう。

どうやら、神様に「山に行きたい」という願いは通じたようです。

というわけで、りこの誕生日は世界遺産・白神山地で迎えることとなったわけですが、
今日はその青森の旅のこと書きますね。
学校頑張って行ってます
2009年 06月 30日 (火) 15:47 | 編集
保育園卒園から学校入学、めまぐるしく日が過ぎていきました。
いろんなことがあって、、正直私に余裕がなくて
ブログ更新できずずず。

でも本当に日々のことを、残していきたいと、
心の底から思っているのに、行動が伴わなのでございました。
よっしゃー、がんばるど。


新しい学校生活、りこは一度も学校に行くのを嫌がる日もなく、
毎日でっかいランドセルを背負って行っています。
でもまっすぐなんて歩かない、踊りながら歩くし、なんかしゃべってるし、
道行く人に手を振ったり、じっと動かなくなったりするし、
通学10分の道のりを30分かけて(私と一緒に)毎日珍道中。
(雨とか寝坊の日は車出しちゃうこともありますがねー)

20090630151418.jpg

じぃじ、ばぁばにほぼ毎日「今日のリコ」というタイトルで
送っています。
すると、「今日も元気でよかった。可愛い!ありがとう!」という
ほぼ毎回同じ返事が返ってきます。
親ばか&孫ばかのメールのやりとりですねー

ランドセルは黄色にしました。
目立つ、りこが自分のだとわかりやすい、交通安全の色だし・・・
ということで、パパと私の独断で決めました


もうすぐ卒園です(泣)
2009年 02月 27日 (金) 10:48 | 編集
お久しぶりです。
なんと今年初の更新・・・(汗)更新が奇跡と言われないようにしなくては(大汗)

今年に入り、義妹に赤ちゃんが生まれ、実は前回の記事で書いた祖母が亡くなり、
いろいろ慌ただしいことも多かったです。

祖母には、前の記事で書きましたが、それが最後になってしまいました。
でもいいお別れができたのかなと今は思ってます。
義妹に赤ちゃん(女の子)が生まれて、りこはお姉さんになりました。

初対面で私が赤ちゃんを抱っこすると、私の腕にしがみつき、
「うーー」と赤ちゃんを離せと・・・・
こではマジで、、『やきもち』
りこが、やきもちを焼くのを初めてみました
怒ったり、泣いたり、笑ったりの以前よりずっと
感情表現が豊かになったようです。
毎日の保育園でのお友達との影響が大きいかなって思います。

さてそんな楽しかった保育園生活、、
そう、母にとってもバラ色の(笑)保育園生活が終わります。

りこは4月から新しい生活が始まるなんて
全く思ってもないことでしょう・・・

20090227104838
保育園の写真

お友達の優しさ、りこを当たり前にふつうのクラスのお友達として
接してくれたこと。
これがいちばん嬉しかったし、何も心配することもなく
2年間通うことができました。

遠足、芋ほり、運動会、お泊まり保育、クリスマス会・・・etc

特に運動会は、楽しかったなぁ~。

リレーで、りこの番になり、トロトロと走るマイぺースな同級生を
「がんばれーーー!りぃーり!」と応援してくれるお友達の声。
バトンがやっとつなげたけど、、1周遅れ。
でもそれを挽回しようと、一生懸命歯をくいしばって走るお友達の顔。

きっといつまでも忘れないであろうシーンでした。


りこはお友達から「りーりぃ」と呼ばれてました。
担任の先生も「いつのまにか、お友達がそう呼んでいました。
りこちゃんの愛称、私も気に入ってます」と。

園外保育で、近くの(といっても結構歩く距離)公園に歩くときも、
「りーりぃの手を僕がつなぐね」「じゃー僕反対側の手をつなぐね」
と男の子二人が”打合せ”をしていたのを、偶然見てしまったことがあります。
りこは両脇を優しい男の子二人にガードされ、トコトコと
歩いていきました。
その後ろ姿を見ながら優しいお友達にありがとうって思いました。

「今日ね、りーりぃね、給食のごはん食べて
『うまーーいっ!』って言ったんだよ~」

「りーりぃのサンタさんのプレゼントは何?
絵本がいいと思うよ!だってりーりぃは絵本が大好きなんだよ」

お迎えにくる私にいろいろ報告してくれるお友達。


なんか思い出すだけで心が温かくなります。
そんな経験をさせてくれた周りの人に感謝です。


来月の卒園式当日は、絶対ハンカチ3枚持っていかないとだめですね・・・


4月からは小学校の特別支援学級に入ることに決まりました。
そのことはまた次回に書きますね。
「お、お、き、く、な、っ、た、ね」
2008年 11月 27日 (木) 00:17 | 編集
先日、祖母の面会に行きました。その時の話です。

sora


おじいちゃんと離れ離れの生活を送っているおばあちゃん。
完全介護の施設に移ってもう1年以上たちます。


お盆に会ったときは、椅子に座って話もできた。

会っていない3か月の間であっという間に状態はすすんでしまっていた。
就学にむけて
2008年 11月 19日 (水) 01:19 | 編集
就学にむけてぼちぼちと動いておりました。

  その話の前に、りことでっかーいプーさん
  買い物中に発見!「わわわーー!」とりこはびっくりして喜んでいたので記念写真。

20081119001133


来春には、早いものでりこも「1年生」になります!
のんびりと構えていた私も。
進路というものを考えなきゃならないわけですが。。

漠然と以前から「地域の小学校に行かせたい。」と思っていて
その気持ちは変わらずにいました。
またもやお久しぶりです
2008年 10月 29日 (水) 01:22 | 編集
あまりに久しぶりで
何をかいてよいのやら・・・

まずはじめに、お詫びします。コメントのお返事をしないまま、日がたってしまい、
大変大変大変失礼しました。ごめんなさい

日々仕事と保育園と家との往復で毎日バッタバタ。
(要領がよくないでのバッタバタになるのです)
それにお店のオープンを手伝ったり・・・・いろいろとありまして。
そして今はやっと、落ち着いたのでゆったり時間もできました。



りこは元気です!!!
このあいだの運動会は、すてきなお遊戯を見せてもらい、カンゲキしました~
だって、みんなのど真ん中で、そりぁご機嫌に気分よく踊っていましたので。

音楽に合わせて踊ること、
アンパンマンと一緒に寝ること、
しまじろうとNHKおかあさんといっしょのDVDを見ること、
マクドナルドのポテトをむしゃむしゃ食べること、
などが今の大好きなことかな。

もっちろん、納豆は相変わらずだーい好きです。365日食べてますとも


2008102901225120081029021147


2つの写真は、“スーパーのレジで、「シール、ぺた!」としてもらった納豆を、大事に持つの巻”
ふつうは、お菓子だと思うけどね
copyright (C) りこすたいる all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。